• 大通駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-945-510

平日9:00~17:00
土・日・祝日、出張相談の場合もご相談下さい!

2022年6月の相続・遺言の相談実績

2022年6月のお客様のご相談内容の概要について、ご紹介させていただきます。

札幌相続遺言相談室では、相続・遺言等に関する質問に関しては、ご相談者様のことを第一に考え、初回の相談はすべて無料でお引き受けしています。どうぞお気軽にお電話ください。

お電話は朝9時から夕方5時まで受け付けております。
また、事務所でのご相談につきましては、月に一度土日のご相談日も設けています。ご希望の時間にお電話、ご相談いただければと思います。

2022年5月の相談実績はこちら>>

6月度の相談内容一覧

■夫の母は今は元気でしっかりしているが、高齢になっており、一人っ子である夫が母の相続が発生した際に売れるかどうかわからない駅から遠い不動産と預貯金を相続することになる。その時に必要な手続きやその方法について教えて欲しい。

■両親ともに健在だが、実家が父名義の土地建物のため、相続になった際にどのように手続きをしたら良いか、今のうちにしておいた方が良いことなどはないか、相談したい。

■旗竿地で建替もできない不動産を前方の所有者であるいとこの協力を得て、父が元気なうちに、父から自分への名義変更をしたいと思っています。その考えで良いのかも含め、費用等についても相談したい。

■子供がいない夫婦なので、将来に備えてやっておけること(遺言など)について相談したい。

■今は両親が健在だが、認知症になった場合や、相続になった時にどうなるのか?事前にできることはあるのか相談したい。

■実家の両親が認知症になった場合に、どうなるのか?事前に家族信託など準備しておくべきか、相談したい。

■夫が生前に遺してくれた自筆の遺言書があります。家庭裁判所で検認を済ませた後からの手続きについて、教えてほしいです。 銀行口座も凍結されたままなので、急いで名義変更をしたいと思います。

■私たちは子供のいない夫婦です。住んでいる自宅の建物は自分の名義ですが、土地が妻の妹と共有になっています。今のうちに、妻の妹へ共有分を贈与したいと思っているので、手続きをお願いしたいです。

■父が亡くなり、長らく空き家にしていたが、いつまでもそのままにはしておけないため、売却を決意した。兄弟は4人いたが、放置している間に一人が亡くなったので、さらに相続が起きている。どうすればいいのか、相談したい。

■子供のいない夫婦なので、遺言書を作りたい。内容や手続き方法について、相談したい。

■20年程前に父が亡くなったものの、父名義の実家の相続登記をしていなかった。その後、子供のひとりも亡くなった。今回、空き家を処分するにあたって、相続登記を依頼したい。

■母が再婚し、母の夫に自分が所有している不動産を売ることになった。必要書類や手続き方法について相談し、登記を依頼したい。

■夫が亡くなったため、自宅の名義変更や銀行口座の整理をしたいと思っています。成人して離れて暮らしている子供たちと相続関係の書類を作成することになったので、専門家のアドバイスをいただきたいと思います。

■独身の弟が亡くなり、経済状況は詳しく分からないため、相続放棄をしたい。手続き方法もわからないので、費用を聞いたうえで手続きをお願いしたい。

■独身の叔父・叔母が身体的に弱ってきており、亡くなった際にどんなことで困るのか事前に教えてほしい。

■独身の弟が亡くなって土地の処分をしたいが、遺言書はない。土地処分の手続き一切をお願いしたい。

■以前に、新聞に載っていたいとう事務所の記事を見ました。道外に住んでいる子供に、不動産を生前贈与したいと思っています。必要書類を自分である程度揃えるので、その後、相談の予約をお願いしたい。

■母の遺言書作成を相談したい。相続人は二人だが、先に子供が亡くなった際には未成年者が相続人になるため、手続きが複雑と聞いたので、相談したい。

■以前、相続登記でいとう事務所にお世話になりました。その際にも相談したのですが、母の遺言書作成について進めたいので、手続きをお願いしたい。

■父から引き継いだ地方の土地を買い取りたいという方が現れました。法務局での名義変更の手続きは未了のままでしたので、今回相続登記をして売買の手続きを進めたいので、専門家に相談したいです。

■現在空き家になっている実家の売却の話が進んでいます。亡き父名義のままなので、相続して名義変更をしたいと思います。遠方に住んでいる兄弟もいるので、スムーズに手続きを行いたいため、一度相談に行きたいと思います。

■母の遺産について、遠方に住んでいる長男と話し合いが必要になりました。土地と賃貸中の不動産もあり、兄弟平等に分けたいと思っているので、専門家に遺産分割協議書の作成をお願いしたいです。

■両親が幼い時に離婚していたため父とは疎遠でしたが、父の勤め先から父が亡くなった旨の連絡を受けました。債務もあるという話を聞き相続放棄をしたいと思いましたが、父の住所など全くわからないので、手続きの方法について相談したいです。

■農地につながる水路(土地)の名義変更をしたい。

■数年前に亡くなった父名義のままの家に、母と暮らしています。父が生前書いたと思われる自筆の遺言書が見つかり、家庭裁判所で検認の手続きを済ませました。すべての財産は妻へという内容の遺言書でしたので、名義変更をしたいと思っています。

■亡くなった父名義のままのマンションを売りたい。父は5年前に亡くなり、名義変更しないうちに母も亡くなった。相続人は自分を含めて2人だが、兄は遠方にいるためどうしたらよいのか相談したい。

北海道の田舎に父名義の土地建物があり、相続放棄したいと考えている。

相続・遺言の無料相談実施中!

相続手続きや遺言書作成、成年後見など相続に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは0120-945-510になります。
お気軽にご相談ください。

無料相談について詳しくはこちら>>

当事務所について

当事務所の情報は下記よりご確認ください。

事務所紹介について詳しくはこちら>>

当事務所が選ばれる理由について詳しくはこちら>>

当事務所のよくご相談いただくサポート内容

・相続登記サポート

相続登記サポートについて詳しくはこちら>>

・相続手続き丸ごと代行サービス(遺産整理業務)

相続手続き丸ごと代行サービス(遺産整理業務)について詳しくはこちら>>

・相続放棄サポート

相続放棄サポートについて詳しくはこちら>>

・遺言書作成サポート

遺言書作成サポートについて詳しくはこちら>>

・生前贈与サポート

生前贈与サポートについて詳しくはこちら>>

・民事信託サポート

民事信託サポートについて詳しくはこちら>>

料金に関して

当事務所の料金表は下記よりご確認ください。

料金表について詳しくはこちら>>

この記事を担当した司法書士

司法書士法人いとう事務所

代表

伊藤 みゆき

保有資格

司法書士 相続アドバイザー(上級) 終活カウンセラー

専門分野

相続・遺言・民事信託・生前贈与

経歴

司法書士法人いとう事務所の代表を勤める。15年以上、札幌のみなさまの相続手続・不動産の相続登記・遺言書作成・相続放棄・生前贈与等に関するお手伝いをさせていただいている。上級相続アドバイザーや終活カウンセラーの資格も取得しており、相続手続に関する適切な順序や、どの専門家へ相談するべきかについて的確にアドバイスしている。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続手続丸ごとサポート 相続放棄サポート 遺言書作成サポート

札幌で相続のご相談は当事務所へ

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-945-510

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • この程は、家…

  • スピーディで…

  • 私たちでも分…

  • とても親切に…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-945-510

  • メールでのご相談はこちらをクリック
無料相談受付中!
PAGETOP