• 大通駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-945-510

平日9:00~17:00
土・日・祝日、出張相談の場合もご相談下さい!

 

遺言書を書き直しませんか?書き直しが必要に場合を司法書士が解説します | 【公式】札幌相続遺言相談室|無料相談実施中!

一度書いた遺言、本当にそのままで大丈夫ですか?

生前対策の一環として、遺言書を作成しておくことは重要です。

最近では相続で争いにならないために遺言書を書く方が増えてきており、生前に遺言書を作成しておくことによって、亡くなった後のトラブル回避に役立ちます。

しかし、「遺言書は1回書いたら終わり」と考えていないでしょうか?

遺言の内容は時間の経過とともに、家族状況や財産状況が当時よりも変化するものです。

家族状況や財産状況が変化した場合には遺言の書き直しが必要です

例えば、下記のようなことが発生します。

●遺言書を書いた当初に指定されていた相続人が、遺言執行の時点で亡くなっていた
●遺言書を書いた時点で持っていた不動産が、遺言執行の時点ですでに処分されていた

上記のようなことが発生すると、遺言書のうち、該当の箇所が撤回されたことになります。遺言の一部が無効になると、その部分について相続発生後に相続人同士で遺産分割協議をしなければいけなくなります

面倒な相続手続きや相続トラブルを回避するために書いた遺言が、結果的に意味のないものになってしまうのです。

家族状況や財産状況に変化があったら、遺言書も書き直す必要があります。

当相談室で実際にあった事例の詳細はこちらから>>

遺言書は書き直すことができます!

民法1022条の規定に、「遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。」というものがあり、一度残した遺言書はいつでも書き直すことができます

遺言書は、「人生において1回しか書いてはいけない」ということはありませんし、家族状況や財産状況が変化した際には、遺言書を書き直すことで、相続発生後の面倒な相続手続きや相続トラブルを回避することができます。

将来のために遺言書を一年に一度書き直すことをしておくと、家族状況・財産状況が変化しても有効な遺言を活用できます。

こんなときは遺言の書き直しが必要です

●遺言書に書いた相続人が亡くなってしまったとき
●遺言書に書いて、相続人に引き継ぐつもりだった財産を処分したとき
●考えていた遺言の内容が、心情(ご家族に対するお気持ちなど)の変化等で変えたくなったとき
●自分で書いたが、専門家に法的に確実な遺言を依頼したいとき

当事務所では、上記のような場合には、遺言書の書き直しをおすすめしております。

せっかく将来の安心のための遺言書も、やり方を間違えてしまってはその効果が半減です。

遺言書の書き直しの無料相談や遺言書の書き直しのための手続きのお手伝いをさせていただきますので、お気軽にお問合せください。

無料相談について詳しくはこちら>>

遺言の書き直しはどうやる?

なお、遺言の書き直しの具体的な方法は、自筆証書遺言の場合と公正証書遺言の場合で分かれます

自筆証書遺言の場合

自筆証書遺言を撤回する方法は遺言書の保管方法によって異なります。

➀自宅で保管している場合

手元に自筆証書遺言がある場合は、遺言書を破棄すれば撤回となります。

②法務局で保管している場合

撤回書を作成し、法務局に提出をして撤回の予約をし、撤回となります。遺言書の法務局保管も撤回も本人でなければできません

【遺言書撤回の際に必要なもの】
●撤回書
●本人確認書類(免許書など顔つきのもの)

なお、法務局保管の自筆証書遺言の撤回は、あくまで法務局での保管の撤回であり、遺言書自体の撤回にはならないため、手元にきた遺言書を破棄し、新たな遺言書を作成、以前の遺言書の内容を撤回する旨を記載しましょう。

新しい遺言を作成する場合、自筆証書遺言でも公正証書遺言でも、形式は問いませんが、公正証書遺言にしておくと、法的効力が担保されるので安心と言えます。

公正証書遺言の場合

公正証書遺言を作成した場合、原本が公証役場に保管されているので作成者本人が遺言を破棄しても撤回になりません

また、公証役場では本人だとしても原本を破棄してもらえないので、撤回する場合は新たに遺言書を作成し撤回するしかありません。

公正証書遺言を書き直す場合、自筆証書遺言でも公正証書遺言でも、形式は問わず書き直しが可能です。

ただ、公正証書遺言を自筆証書遺言で撤回する場合は自筆証書遺言の作成上の不備で遺言が無効になるリスクがあり、その場合遺言が無効になると当然に撤回も無効になりますので、公正証書遺言で撤回することをお勧めします。

どのような場合でも、最新の遺言書の効力が優先されます。

公正証書遺言についてはこちら>>

遺言の保管と執行について>>

自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

メリット デメリット
公正証書遺言 ○家庭裁判所での検認手続が不要 
○死後すぐに遺言の内容を実行できる 
○紛失・変造の心配がない
(公証役場で保管)
●費用がかかる
●証人が必要 
※成年者であることが必要
※下記の方は証人になれない
 ・推定相続人
 ・その配偶者
 ・直系血族など
自筆証書遺言 ○手軽でいつでもどこでも書ける 
○費用がかからない 
○誰にも知られずに作成できる
●不明確な内容になりがち
●形式の不備で無効になりやすい 
●紛失や偽造・変造、隠匿のおそれがある 
●家庭裁判所での検認手続が必要

公正証書遺言書の作成を公証役場よりも専門家へ依頼すべき理由

公証役場よりも専門家へ依頼すべき理由

●そもそも相続対策として遺言書が最適なのか?遺言書だけでいいのか?相談できる
●ご家族関係を細かに聴き取り、ひとりひとりに合った内容をご提案
●遺留分請求への対応アドバイス
●遺言執行者についてや遺言執行時のアドバイス
●相続させたい人が先に亡くなった場合の予備的遺言のアドバイス
●税理士と連携して相続税・2次相続対策を考えた遺言書の提案

遺言の作成・書き直しは専門家へご相談を

遺言書は亡くなった方の最後の意思を示す大切なものです。遺言書の修正や撤回を間違えて無効になってしまうと、遺言者の生前の意思が実現されなくなってしまいます

遺言の作成や書き直しを検討されている場合は、一度専門家へ相談することをおすすめします。

当事務所は、開業より多くの相続手続きに関するご相談をお受けしており、札幌での豊富な経験と実績がございます。

相続の相談件数は、累計1,500件を超えており、お陰様で多くの皆様にサービスを提供してまいりました。

ご相談者様の状況に合わせた最適な手続きをご提案いたしますので、札幌にお住まいのお客様は、お気軽にご相談ください。

無料相談について詳しくはこちら>>

当事務所が相続手続きで選ばれる理由はこちら>>

当事務所の遺言に関する相談事例

公正証書遺言があったが、思いもよらない大変な手続が必要になったケース

【遺言による相続】子供のいないご夫婦のご主人が「妻に財産全部をあげたい。」という自筆証書遺言を残して亡くなった相続の相談事例

入院中の父がコロナウィルスにかかることを心配して先延ばしにしていた遺言書作成を決断

当相談室の遺言サポート

「事前にちゃんと手を打っておけば良かった・・・」

当事務所はお客様にそのような悲しい想いをして欲しくはありません。

そのため、当事務所では単に遺言書の作成を代行するような業務ではなく、お客様が後悔しない最適な遺言を作成するためのサポートを考案いたしました。

上記サービスを「遺言コンサルティングサポート」という商品として用意させていただきました。

遺言コンサルティングサポートとは

遺言コンサルティングサポートとは、お客様の現状や希望を確認し、遺言内容のアドバイスや提案、実際の作成手続きも実施するサポートです。

「遺言内容にアドバイスが欲しい」
「自分の家族や親族の状況に最適な遺言書を作ってほしい」
「家族が揉めない遺言書を作ってほしい」

といった方にお勧めのサポートとなっております。

遺言書作成の代行だけするということではなく、相続の専門家が遺言書の内容を確認し、相談者様に最適な遺言書の内容で提案をさせていただきます。

サポート内容

① 相談者の現状や希望、目的の確認

② 財産調査(路線価格の平米単価又は倍率の確認、不動産取得税・登録免許税の算出、不動産評価証明書と登記事項証明書の取得)

③ 各種生前対策の検討(検討した上で「遺言」が最適な場合に実施)

④ 遺言内容のアドバイスや提案

⑤ 相談者が希望する手続に関連する注意点や手法などを資料化して提案(企画書にて提示)

⑥ 予備的遺言や付言事項を確認

⑦ 遺言作成に必要な手間を全て代行

⑧ 遺言書の作成

遺言コンサルティングサポートの料金

相続財産の価額 報酬額
2,000万円未満 165,000円(税込)
2,000万円~4,000万円未満 220,000円(税込)
4,000万円~6,000万円未満 275,000円(税込)
6,000万円~8,000万円未満 330,000円(税込)
8,000万円~1億円未満 385,000円(税込)
1億円~ 要お見積り

遺言執行サポートの料金

サービス内容 費用
遺言執行サポート 遺産評価総額の1.0%~

※ 遺産額に関わらず、報酬は最低33万円からとなります。
※ 遺言書預かりサービス:11,000円/年(当方を遺言執行者に指定頂いている場合は無料です。)
※ 諸証明発行等の実費は別途かかります。

遺言執行について詳しくはこちら>>

遺言書作成サポートの料金

サービス内容 費用
遺言書作成サポート(自筆証書) 50,000円~
遺言書作成サポート(公正証書) 100,000円~(証人立会い含む)

※ 公正証書遺言の場合、当事務所の報酬と別に公証役場の手数料が必要になります。
※ 出張が発生する場合、追加で費用が発生いたします。
※ 急を要する場合、通常の業務に優先して業務を行う必要がある場合は、報酬が一定割合加算されます。

料金表について詳しくはこちら>>

札幌にお住まいの方の相続・遺言の無料相談実施中!

札幌で相続・遺言に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは無料相談をご利用ください。

予約受付専用ダイヤルは0120-945-510になります。お気軽にご相談ください。

無料相談について詳しくはこちら>>

司法書士法人いとう事務所はこんな事務所です!

当事務所は札幌市の大通駅近くの司法書士事務所です。相続や遺言・不動産登記を中心に、年間500件以上のお客様からご愛願いただいております。

当事務所は明るく落ち着いた雰囲気の事務所ですので、相続や遺言などのお悩み事がございましたらどうぞお気軽にご相談ください。

無料相談予約受付:0120-945-510 (平日:9:00~17:00)

この記事を担当した司法書士

司法書士法人いとう事務所

代表

伊藤 みゆき

保有資格

司法書士 相続アドバイザー(上級) 終活カウンセラー

専門分野

相続・遺言・民事信託・生前贈与

経歴

司法書士法人いとう事務所の代表を勤める。15年以上、札幌のみなさまの相続手続・不動産の相続登記・遺言書作成・相続放棄・生前贈与等に関するお手伝いをさせていただいている。上級相続アドバイザーや終活カウンセラーの資格も取得しており、相続手続に関する適切な順序や、どの専門家へ相談するべきかについて的確にアドバイスしている。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続手続丸ごとサポート 相続放棄サポート 遺言書作成サポート

札幌で相続のご相談は当事務所へ

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-945-510

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • この程は、家…

  • スピーディで…

  • 私たちでも分…

  • とても親切に…

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
  • お電話でのお問い合わせはこちら

    0120-945-510

  • メールでのご相談はこちらをクリック
無料相談受付中!
PAGETOP