• 大通駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-945-510

平日9:00~17:00
土・日・祝日、出張相談の場合もご相談下さい!

~遺言のススメ~  マイホームをお持ちの皆様へ

日本人の財産は相続に適してない?
先日受けた相続の研修で、とても考えさせられたことです。

みなさんがお持ちのマイホーム。 相続の時ことを考えたことがあるでしょうか?

私は司法書士ですので、不動産をお持ちの方がお亡くなりになると、相続の手続きをお手伝いすることが多くあります。

ところが、この不動産って分けるのがとても大変です

相続での遺産の分け方の原則は、遺言書です。

ただ、遺言書を用意している方は全体の1割たらず・・・

利害の対立する相続人どうしの話し合いがまとまらないとなると、次の方法は法定相続です。

ところが、今の日本の法律では均分相続です。子供の相続割合は全員平等です。たとえば親と同居して、親の面倒をみている長男も、家の心配しないで、たまに遊びに来るだけの次男も同じ2分の1です。

そして、日本人の財産は、圧倒的に不動産に偏っていて、不動産に見合うほどの現金・預金を持っていないケースがとても多い。

どうやって分けたらいいのでしょう?

日本の民法に従わざるをえない以上、生前の対策が必要になるのです。

たとえば遺言書を用意したり、生命保険に加入して、現金も用意するなど、

「うちの子に限って大丈夫。」 
そうでしょうか?

その「うちの子」の婿や嫁、ちょっと法律に詳しい友達など、当事者でない方が首を突っ込んで余計なアドバイスをすることによって、「うちの子」もどんどん権利を振りかざすようになることも少なくないものです。

私は遺言書のお手伝いをすることもありますが、遺言書は別にお金持ちだけのものではありません。むしろ、相続人が二人以上いて、分ける財産が自宅不動産のみという方こそ遺言書を書く必要があると感じています。

自宅不動産は売ってしまって現金で分けますか?最後にかかった医療費や葬儀費用は、その中から清算してもらいますか?その手続きは誰がしますか?
そんなことも遺言書に書いておけば、

「お父さんが決めていたんだから、それでいいよね」
と、兄弟でもめることなく手続きがスムーズに進む可能性が高いです。

ぜひ一歩づつ準備を始めていきましょう。

H26.11.12
司法書士 伊藤みゆき

この記事を担当した司法書士

伊藤みゆき司法書士事務所

代表

伊藤 みゆき

保有資格

司法書士 相続アドバイザー(上級) 終活カウンセラー

専門分野

相続・遺言・民事信託・生前贈与

経歴

伊藤みゆき司法書士事務所の代表を勤める。10年以上、札幌のみなさまの相続手続・不動産の相続登記・遺言書作成・相続放棄・生前贈与等に関するお手伝いをさせていただいている。上級相続アドバイザーや終活カウンセラーの資格も取得しており、相続手続に関する適切な順序や、どの専門家へ相談するべきかについて的確にアドバイスしている。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

札幌で相続のご相談は当事務所へ

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-945-510

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続手続き丸…

    接客も親切で良かったです。何より仕事がスピーディーで説明も わかりやすかった事、話しやすく質問もしやすくてとても良かったです。 ありがとうございました。

  • 相続手続き丸…

    事務的な感じではなく わたしの状況に寄り添って 話をじっくり聞いてくださり とても感謝しております

  • 相続手続き丸…

    親見になって対応して下さってありがとうございます。 初回面談時刻のやりくり等の対応に感謝します。

  • 相続手続き丸…

    メールや電話等で柔軟に対応して頂き助かりました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP