• 大通駅より徒歩3分
  • 面談予約はこちら
面談はこちら 無料相談受付中

0120-945-510

平日9:00~17:00
土・日・祝日、出張相談の場合もご相談下さい!

 

北洋銀行の預金の相続手続きについて

預金者がお亡くなりになると北洋銀行に限らず、金融機関の口座は凍結されます。

被相続人(亡くなった方)が北洋銀行の預金口座を持っていた場合、北洋銀行の支店にて相続の手続きを行う必要がありますが、提出書類が多く、またその収集や作成には法的な知識も必要になりますので、お困りの方は当事務所にお気軽にご相談ください。

なお、北洋銀行は第二地方銀行でありながら、北海道銀行をしのぐ規模を誇る北海道最大の金融機関であり、170以上の支店があります。

また、過去に北海道拓殖銀行の道内事業の譲受や、札幌銀行との合併をしているため、昔から北海道に住んでいる方々は、かなり高い割合で口座を持っています。

そのため、札幌の方でも北洋銀行の口座を持っていた可能性があります。故人が口座を持っていたか不明な場合でも、支店の窓口で口座の有無の調査をお願いすることをおすすめします。

なお、その際は貸金庫があったかの確認もあわせてするようにしましょう。

北洋銀行の預金の相続手続きの流れ

1.支店での相続手続きの依頼

個人の預金口座がある支店の店頭にて、相続が発生した旨を伝えます。

2.必要書類の収集を行います。

北洋銀行の預金の相続手続きでは、主には次の書類が必要となります。

・お申込み・相続手続き依頼書(相続人全員の署名・実印で押印)
・遺産分割協議書や遺言書などの原本
・被相続人の出生から死亡まで全ての戸籍
・相続人全員の現在の戸籍
・相続人全員の印鑑証明書(3か月以内)
・被相続人の預金通帳とキャッシュカード
・相続人手続きを行う者の免許証などの本人確認書類

※戸籍の収集や遺産分割協議書の作成は膨大な時間が掛かるうえに、難しい専門知識も必要ですので、お気軽に当事務所にご相談ください。

3.相続人への払い戻し手続き

必要書類をすべて提出し、預金の払い戻しを依頼します。
提出書類に問題がなければ1~2週間程度で払い戻しされます。

 

預金口座の相続手続きは当事務所にお任せください。

当事務所では相続した銀行口座の手続きの代行サービスを承っております。

預金口座の相続手続きは、必要書類の作成や収集に膨大な時間がかかり、また専門的な知識が必要なため、一般の方には大変な作業です。

また、金融機関ごとに手続きが必要なため、故人が複数の金融機関の口座をお持ちの場合はそれぞれの金融機関での手続きが必要になり、膨大な手間と時間が掛かります。

当事務所にご依頼いただければ、相続の専門家が戸籍や遺産分割協議書などの必要書類の収集・作成はもちろん、各金融機関へ相続人様に代わって訪問して手続きを行いますので、相続人様はご自宅にいながら相続の手続きを行うことができます。

まずは無料でご相談を承りますので、お気軽にご相談ください。

相続手続き丸ごと代行サービス

北洋銀行に関するご相談事例

北洋銀行に口座をお持ちの方が亡くなり、不動産と合わせて預金の解約手続きも依頼したケース

状況

母が亡くなり、相続人としては子供が二人おり相談者は札幌在住ですが、相談者の姉は道外にお住まいでした。
北洋銀行には普通預金と定期預金の他にクローバーカードがあり、母が住んでいた自宅も処分して均等に分けたいとのご希望でした。姉妹それぞれ仕事が忙しく、平日の昼間に銀行窓口に行くことができないため一括して手続きを任せたいということになりました。

提案・実施

北洋銀行の窓口で預金の残高証明を取り、他に休眠口座などがないか調査しました。
北洋銀行の預金は、すべて現金化して分けることとなりました。
クローバーカードもお持ちだったため、残債がないか確認したところ、まだ引落になっていない生協の支払いが残っていたため、当事務所が預かり金の中から振込支払いの代行をしました。

結果

北洋銀行の預金の解約と実家の名義変更も当事務所で代行しました。
銀行預金の現金化まで一括してお任せいただき相続人同士遠方で会うことができませんでしたが、スムーズに遺産分割をすることができました。

ポイント

北洋銀行などの金融機関に預けている預金の解約のためには亡くなった方の戸籍の遡りをして相続人を確定する必要があります。また相続人全員の戸籍や印鑑証明を準備して銀行所定の相続届に相続人全員が署名実印押印したものを提出します。
ご自身で手続きする場合は解約金が代表者の口座に振り込みされたのちに相続人が分配します。北洋銀行には、クローバーカード(クレジット支払い)をお持ちの方も多くいらっしゃいます。カードの残債がないか、また、その支払先に死亡した旨を連絡し、引き落とし先を変更したり解約したりする手続きも必要となり、その手続きが済むまでは相続人が残債を振込にて支払わなくてはなりません。
仕事が忙しかったりそれぞれ遠方にいる場合、銀行預金手続きも想像以上に大変な作業となります。預金解約手続きも一括してお任せいただくとご負担が少なくてきっちりと分けることができます。

この記事を担当した司法書士

伊藤みゆき司法書士事務所

代表

伊藤 みゆき

保有資格

司法書士 相続アドバイザー(上級) 終活カウンセラー

専門分野

相続・遺言・民事信託・生前贈与

経歴

伊藤みゆき司法書士事務所の代表を勤める。10年以上、札幌のみなさまの相続手続・不動産の相続登記・遺言書作成・相続放棄・生前贈与等に関するお手伝いをさせていただいている。上級相続アドバイザーや終活カウンセラーの資格も取得しており、相続手続に関する適切な順序や、どの専門家へ相談するべきかについて的確にアドバイスしている。


サポート料金

よくご相談いただくサービスメニュー

主な相続手続きのサポートメニュー

相続登記サポートバナー 相続手続丸ごとサポートバナー 相続放棄サポートバナー 遺言作成サポートバナー

札幌で相続のご相談は当事務所へ

相続・遺言の無料相談受付中! 0120-945-510

相続のご相談は当センターにお任せください

  • ご相談者様の声
  • 当事務所の解決事例

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
お客様の声を大切にします
  • 相続手続き丸…

    接客も親切で良かったです。何より仕事がスピーディーで説明も わかりやすかった事、話しやすく質問もしやすくてとても良かったです。 ありがとうございました。

  • 相続手続き丸…

    事務的な感じではなく わたしの状況に寄り添って 話をじっくり聞いてくださり とても感謝しております

  • 相続手続き丸…

    親見になって対応して下さってありがとうございます。 初回面談時刻のやりくり等の対応に感謝します。

  • 相続手続き丸…

    メールや電話等で柔軟に対応して頂き助かりました。

お客様アンケート一覧についてはこちら
当事務所の解決事例を検索する
  • 相続手続き
  • 相続登記
  • 相続放棄
  • 遺産分割
  • 預貯金解約
  • 遺言
  • 成年後見
  • 生前贈与
  • 民事信託
解決事例一覧についてはこちら
Contact
無料相談受付中!
PAGETOP